リモートサポート専用ページ|サイトマップ|採用情報

Software

「経審太助」評点アップシミュレーション・各種書類作成機能

Home>ソフトウェア>経営事項審査シミュレーションシステム「経審太助」>評点アップシミュレーション・各種書類作成機能
「経審太助」評点アップシミュレーション・各種書類作成機能

「経審太助」画面サンプル

基本項目の入力画面

1ランク基準の選択
登録済の格付けランク基準の中から該当する発注機関を選択します。
2許可建設業
許可をとっている建設業の種類を選択します。
3経審申請建設業
許可建設業のうち、経審を申請する建設業の種類を選択します。
4技術職員数
基準決算と基準決算の前年の技術職員の人数を入力します。
5評価基準の選択
建設業のリストラ推進による評価の激変緩和措置の評価基準を選択します。
完成工事高・元請完工高 2年平均または、3年平均
自己資本額 基準決算または、2年平均

Y(経営状況)評点計算画面

1財務諸表の入力
・貸借対照表
・損益計算書
・完成工事原価報告書
・兼業事業売上原価報告書
2経営状況(Y)評点の表示画面
基準決算と前期決算の評点が表示されます。
3自己資本・平均利益額(X2)評点の表示画面
基準決算・前期決算・2年平均の数値とX2評点が表示されます。
48指標レーダーチャート
各指標の上限値を100点、下限値を0点とした場合の当該会社の点数をグラフ化したものです。
グラフが外側に大きく膨らんでいるほど高い評価となります。

W(社会性等)評点計算画面

5社会性等の入力とW評点の計算画面

Z(技術職員)

6技術職員名簿の入力画面
全項目を入力すると申請書類の「技術職員名簿」を印刷することができます。(Cシステムを除く)
7Z評点の計算画面
Z評点の計算画面

X1(完成工事高)

8完成工事高(前々期、前期、基準決算)の入力
X1(評点画面)
9P評点の計算画面
格付けランク、総合評点(P)、X1評点、Z評点が表示されます。
なお、ランク基準が未登録の場合は、格付けランクは空欄となります。

出力帳票

1経営規模等評価・総合評定値計算書(左)
2総合評点(P)シミュレーション報告書
3激変緩和シミュレーション
4経営状況8指標レーダーチャート

入力区分の設定

1入力する財務諸表の種類を選択します。
財務諸表の様式
・会計事務所で作成する一般様式の財務諸表
・建設業法様式の財務諸表
消費税処理区分(一般様式の場合)
・消費税抜きの財務諸表

科目対応表

2一般様式の財務諸表からの入力を選択した場合は、建設業法様式に科目体系を移行する場合の科目対応を指定します。
(標準的な科目対応は登録済)

処理体系図

「経審太助」処理体系図

申請書類作成

「経審太助」申請書類作成
建設業に関連する全ての申請書類(許可申請、決算変更届、経営状況分析申請、経営規模等評価申請)の国土交通省様式を印刷することができます。
評点計算処理の際入力したデータを生かし、不足分を補正入力するだけで申請書類を作成することができます。



システム開発・ソフト導入事例

お客様にソフト導入の経緯とカスタマイズの必要性をお伺い致しました。

セミナーのご案内

建設業向け経営革新セミナーやビジネスセミナー等のご案内です。

弊社では、ICTに関する様々なご相談にのり、アドバイスをさせていただきます。